京都で骨盤整体 「大切なのは土台(骨盤)と軸(背骨)」

京都市 経絡 骨盤 整体 整体師ユラクの気まま日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

違うこと書こうと思ってたのに。

なんだかなぁ~。


今日は朝から、一悶着あった。
車の事ブログに書こうと思ってたんですが、愚痴ったる。

あ、事を大きくしたいとかじゃないんで、あくまで愚痴っす。
拡散しても困るんで、以下のことはユラクの妄想かも知れない(´∀`*)ウフフ


ユラクね、毎朝ムチュメ1とムチュコとムチュメ2と一緒に家を出て
小学校前までプラプラ自転車押しながら、歩いて一緒に行ってるんです。


んで、正門前で上2人と別れて保育園までムチュメ2とブラブラ
途中で奥様が合流って、感じな毎朝なんですね。





学校の正門前の道路って
「通学路の為8:00から8:30まで車両通行禁止」になってるのよ

もちろん、道路の真ん中に立て看板設置して
時間になったら、毎朝正門前に立って子供らに「おはようの挨拶」をしてる
先生が移動させてたんですが



今日歩いてると、その立て看板を スルッと避けて車両が進入してくる

あれ?って思って見てたら、そのまま行けばいいのに
わざわざユラクの横に停まって「なんか用でもあるんけ?」って・・・。




ユラク一瞬で燃え上がった(笑)


「ここ時間指定の通行止めやで」 「通ったらあかんやろ?」って感じの事に対して


運転者

「家すぐそこやから」 「毎回通ってる」って感じで




要は一歩も引かない。

ユラクも朝から仕事やし、正直めんどい。


「すんません~次からやめとくわ~」って言うて行ってくれたら
いいのにと内心思いつつ、売り言葉に買い言葉で


お互いヒートUP。



ユラクの言い分は

「家が近くてもあかんもんはあかんやろ?」 
「あれ、警察が止めてるんやで?交通法違反やで?」


運転者の言い分は

「すぐそこやし」「毎回通ってる」「オマエの言い方がどうこう」

いや、毎回とか余計あかんやろ?


運転者も途中で、やめときゃよかった~って感じは出てたんですが
ユラクから言わせてもらったら、そっちが引かないのに何で俺が折れるねん状態

結局ユラクが警察呼んで、運転者が注意されてチャンチャンで終わったんやけど。


ユラクが一番気になったのが、運転者が最初に言うた言葉。


運転者は一番最初に通った時に

「そこに立ってはる先生に注意されたけど、家そこやしって言うたら通してくれた」
「以来、毎回通ってる」

ってところやねん。これには呆れた




学校の先生に。


運転者の言い分が嘘かもしれませんが
ユラクが話してた感じでは嘘っぽくもなく・・・。


うちの学校、昨年の夏に悲しい事件があった。

大切な子供がプールで溺れて亡くなった。
「参照」

ユラクは当事者でも無いし、第三者がブログのネタにあれこれ
書くべきでは無いと思ってたんで、とくにあれ以上書きませんでしたが


様々な要因があるとは思うけど、低学年用の水位では無く
高学年用の水位だった(+10センチ)ってのは、明らかに学校側の怠慢だと思うの。

要はね「これくらいならいいか」的な小さな緩みが
積み重なって事件&事故になると思うのよ。



今回の事も
もし本当に「警察が止めてる道路を、先生が許可した」んなら

ユラクは大変な問題だと思う。


誰か子供が跳ねられてたらどうするねん?


え?むしろ跳ねられてからでないと反省出来ないのか??



わかるねん、ユラクの容姿(デブちょっとふっくら、金髪、モヒカン)で、見てるだけで
ユラクの横に止めて「なんか用か?」なんて言うて来る運転者だから


メンドクサイのは分かるねんけど、毅然と対処するのが先生やろ?


正門前で運転者&警察&ユラクで悶着して一段落したら



今度はユラクと先生らの間で悶着やわ。


もちろん、向こうは平謝りやけど

ユラクは別に被害受けたわけじゃないし、謝ってもらう必要もない。
とりあえず精査して報告してくれるって事になりましたが


先生が許可したなんて、きっと認めないやろ?

ユラクも毎朝子供らの通学を、見守ってくれてる先生を
やり玉にあげようとか思ってませんし

逆に精査し認めて「この人です!」って言われても困る・・・。


理想的な着地点に着地できる事を望みます。ユラク・s・。



あ~もうムチュメ1にきっと嫌われた。(´;ェ;`)ウゥ・・・
学校前で金髪モヒカン親父が、知らん男と警察と先生と悶着したら
キライになるよな~(ノ_-;)ハア…。
スポンサーサイト

| 京都四季折々 | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kyoutoseitai.blog51.fc2.com/tb.php/515-c840bfd8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT